弁護士に相談して法定割合で財産を相続する

家族の中に財産を持ったままこの世を去った人がいる場合には、弁護士に相談するなどして残された財産は家族の中で分割しなくてはいけません。では、この分割の割合はどのようにして決められるのでしょうか。一般的には、民法で書かれている法定割合によって家族の中で分割することが普通です。相続のときに亡くなった人が配偶者であったときには、残された配偶者がすべての財産を相続することができますが、子供がいたときには財産の半分を継承することになります。

そして、その子供がさらにその半分の財産を引き継ぐことになるので法定割合で相続をすれば家族の中でわかりやすい分割を実施することが可能です。ただし、こうした法定割合での引継ぎがおこなわれるのはあくまでも当人同士が同意をして単独所有を宣言してからになります。残された財産がそれぞれの割合で分割されるのは、権利を持っている人がその財産の引継ぎを宣言したときだけです。なぜこのような面倒なことをするのかというと、相続の権利は必ずしも行使しなくてはいけないものではなく、権利を放棄することも可能だからです。

財産の引継ぎは義務ではなくあくまでも権利なので、権利を持った人にとって都合の悪い引継ぎになってしまうときにはその継承を拒否することができます。亡くなった人の財産は一度家族の共有財産として扱うことになるのが基本です。その後に、各々の権利者が権利の行使を宣言することで初めて法定割合での単独所有になることを忘れないようにしましょう。

Filed under: 士業, 広島, 離婚相談Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website