相続の遺言書は弁護士の立会いのもとに行う

遺産を相続するための方法としては、民法で規定されている法定割合で相続する方法と遺言書に従う方法の二つがあります。前者に関してはそれほど大きなトラブルになることはありませんが後者の場合には相続に関してトラブルが生じてしまうことがあるので注意をして手続きをしなくてはいけません。そもそも、遺言書を書くときにはきちんとした手続きをしてから家族に対して遺さなくてはいけません。遺言書は財産の処理だけではなく、亡くなった人の言葉を遺すものであるため、その遺言書が本物であるのかどうかというポイントが非常に大切になります。

たとえば、遺言書と偽って誰かが財産に関する遺言を改ざんしていた場合には大きな問題になってしまいます。このような状況にならないようにするために、医者の立会いや弁護士の立会いを前提として遺言書を書かなくてはいけないようになっています。そして、そうした立会人が署名などによって本物であることを証明することによって始めて遺言書は遺言としての効果を示すことになります。遺言書に書かれている言葉は何よりも優先されますので、仮に法定割合とは異なった文言が書かれていたとしても原則としてその文言に従わなくてはいけません。

仮に、亡くなった人の遺言に納得がいかない場合には遺留分の制度などを利用して必要最小限の財産をもらうように行動する必要があります。それによって、遺言があっても満足のいく遺産の分割を実現できることがあるのです。

Filed under: 士業, 弁護士, 過払い金Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website