弁護士に相続の問題解決を依頼すること

相続でよく問題になるのは、誰が死亡した人の財産を受け継ぐのかという問題です。反対に債務つまり借金が多い場合は解決はある意味において簡単で、相続放棄を家庭裁判所に申し立てればそこで話は終了です。無論、家庭裁判所への申し立ては60日以内にしないといけないというルールがあるので、時間的には余裕はほとんどありません。申し立てには司法書士等に依頼する方がよいと言われています。

誰がどれだけ相続をするのか問題になる場合や、生前贈与をしている場合、他にも財産について相続人となりうる人などいろいろな状況が考えられますが、こうしたことからよくトラブルに発展しやすく、身内の間でよくもめたりします。誰が財産をどれだけ引き継ぐのか、法的に難しくなるときには、弁護士に間に入ってもらって解決を図るのも一つの方法です。また生前に遺言書を残している場合には、弁護士がそれを保管していることがありますので、その遺言に従って財産をw買えなければならない場合もあるなど、一般的には非常に権利が入り乱れて分かりにくくなることもあり得ることです。なお、財産がそれほどない場合には、気にしなくても問題はないことが一般的です。

生前の所得税の整理をすることで、相続人が確定するという側面があり、場合によっては税金を課税されることになりますので、注意して準確定申告を作成しなければいけません。このとき、追徴での所得税または還付が受けられることもあります。

Filed under: 債務整理, 士業, 相談Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website