不動産の相続で弁護士が必要なケース

不動産の相続問題は、親族間で深刻な争いになることも珍しくありません。財産の多い人だけが問題になるとは限らず、むしろ少ない財産をめぐってトラブルになるケースが、実際には多いと言われています。典型的な例は、今住んでいる家しか財産がないという場合です。配偶者と複数の子供がいるとき、不動産は簡単に分割できないため、誰が受け継ぐかで困ることがあります。

最悪の場合、追い出されて住む家がないといったことも起こります。遺言状に誰が相続するかを書き残すとともに、代償としてある程度の現金を残しておくことが必要です。家業を継がせたい場合にも、遺言に配慮しなければなりません。事業用の資産がバラバラになってしまうと、家業を続けられなくなるからです。

このときも同様に、必要な資産はまとめて相続させ、分けて貰えなかった人のために、代償となるものを用意しておく必要があります。このほか再婚によるトラブルも頻繁に見られます。前の配偶者との子供や、現在の配偶者の連れ子に遺産を残したい、または残したくないというケースです。姻戚関係が複雑なとき、死亡した順番によって、権利に変動が生じることがあります。

想定外の結果になって後で後悔しないよう、生前から相続順位について確認しておくのが望ましいでしょう。相続問題に詳しい弁護士のアドバイスを受けて、財産の内容や分割方法につき遺言を残しておくことが、トラブルを未然に防ぐ効果的な方法です。広島で債務整理のことならこちら

Filed under: 債務整理, 士業, 広島Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website