不動産の相続は安易な分割を避ける

不動産の相続については物件を売却する前の相続を受ける段階では、兄弟姉妹の間で土地や建物をできるだけ分割して相続をしないように注意が必要です。不動産は名義が複数になっていると何をするにも名義人全員の同意が必要になりますので、大変扱いにくくなりますし、土地は狭すぎると接道義務などさまざまな問題などがでやすくなりますので、買い手がつきづらくなります。親がのこしたあるいはのこす予定の不動産は極力分割しないで単独名義で受け継ぐようにするというのは、不動産相続における鉄則です。だからこそ、財産が自宅不動産しかない場合に、もめやすくなります。

遺言書がなくほぼ実家の不動産だけを兄弟姉妹で分けなければならない場合、対処法は主に二つになりますが、ケースバイケースです。ひとつは、その実家をどうしても維持したい場合の対処法で、相続人のうち誰かが実家の不動産をすべて受け継ぎ、ほかの兄弟姉妹にはその不動産のおおよその価値を対象人数で分割した金額を現金などで別途贈与するものです。もうひとつは、実家の不動産を売却してしまい売却で得た現金を兄弟姉妹で分割するというものになります。実家やそれに付随する不動産がよほど広い土地でないのであれば不動産の名義や土地を安易に分割するのは結局、全員があとで困るケースが多いので極力避けるようにすることが重要です。

また、もし、引き継ぐ不動産が農地の場合、兄弟姉妹が非農家であるなら、なかなか売れないうえ、法律など扱いづらいことも多く、売れない間も固定資産税はかかるので、1円でもいいので早めに売却したほうが無難です。

Filed under: 弁護士, 離婚相談, 離婚相談 弁護士 広島

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website