遺産を相続して分割するにはこんな方法がある

人が亡くなりいざ相続となると、考えなければいけないことが多くあります。まず遺産を受け取る人を特定します。これを相続人と言い、配偶者は常にこの地位にあたります。また配偶者は二分の一の遺産を受け取ることができます。

そして残りの遺産を亡くなった方に子供がいる場合は、子供の間で均等に分けます。もし亡くなった方に子供がいない場合は、親が受け取り、親もいない場合は兄弟が受け取ります。そして具体的に遺産を分割してきますが、ここで遺言状がある場合は遺言状の内容が優先されます。ただし遺言状に具体的に書かれていない財産がある時は、遺産分割協議という話し合いを設けます。

また遺言状が残されていない場合は、遺産分割協議で相続人の話し合いによって遺産の行方を決定します。ここでは例えばある相続人ひとりに遺産の不動産を譲ることも可能です。ここでもし話し合いがまとまらなければ、裁判所にその旨を申し立てて、第三者を交えて話し合いを行います。遺産は預金や不動産などプラスの財産の場合もありますが、借金などのマイナスの財産が残されることもあります。

場合によってはマイナスの財産の方が多いこともあり、それを受け継いでしまったがために借金を抱えることにもなります。このような人が利用するのが相続放棄です。これを家庭裁判所に申請して受理されれば、借金を負わずに済みます。この時注意が必要で、遺産を売ったりしてしまうと放棄ができません。

よって放棄をする方は遺産には手を付けないでください。

Filed under: 弁護士, 離婚, 離婚 弁護士 広島

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website