相続が発生した場合は遺産分割協議を行う

親族が亡くなった場合には、遺産を引き継ぐ権利が発生する場合があります。もし、遺言が残されていれば、遺言の内容通りに遺産が分配されますが、遺言が残されていなければ、法定相続人が全員参加して遺産分割協議を行う必要があります。遺産分割協議とは、誰がどの遺産をどれだけ引き継ぐかと言うことを話し合いで決めることです。全員の同意がなければ協議は成立しませんので、協議を始める前には必ず戸籍を取り寄せて、遺産を引き継ぐ権利が誰にあるのかと言うことを明確にする必要があります。

養子縁組をしたことを知らなかった為に、遺産を引き継ぐ権利を持っている養子を遺産分割協議に含めなかった場合は、その協議は不成立となります。民法によって誰がどれだけの遺産を引き継ぐことが出来るかと言うことは決められておりますが、必ずしもその通りに分配する必要はありません。全員の承諾を得られれば、どのような方法でも分配可能です。また、現預金などは比較的容易に分配することが可能ですが、不動産などは複数の相続人で引き継ぐことはあまり好ましくありませんので、遺産分割協議によって誰が引き継ぐかと言うことを決める必要があります。

なぜ不動産が複数の相続人で引き継ぐことが好ましくないのかと言いますと、将来的に不動産を売却したりする際に所有者全員の承諾を必要とするからです。そうなると手間がかかりますし、中には売却を反対する人も出て来る可能性もありますので、トラブルを避ける為にあらかじめ一人の相続人が引き継ぐようにします。広島で債務整理のことならこちら

Filed under: 債務整理, 債務整理 広島, 広島

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website