相続の問題を弁護士に相談するメリットは

高齢になり自分が亡くなった後の事を考える、いわゆる終活をする人が増えています。不景気で世の中が厳しい状態の中で自分が無くなった時に配偶者や子供、その他の親族にあまり負担を掛けたくないということで、生前にいろいろ準備をする人が増えているのです。その中でも最も親族に影響を及ぼすのが財産の相続です。どのような形で相続するのが最も良いのか、相続税の問題も有るため出来るだけ効率的に親族に負担を掛けない方法はどれなのかと悩んでいる人も少なくありません。

財産を巡って親族同士が争うという話はよく聞かれますし、借金の問題や、不動産の税金が膨大となり受け継いだ不動産を売却しなければならないといった事も決して珍しい事ではありません。しかし、一般的にはなかなか細かい点まで気が配れない部分が有るほか、法律の詳細の理解や解釈は非常に難しいため、なかなか円満に解決することが難しいものです。そのようなときに頼りになるのが、法律を熟知している弁護士の存在です。遺産の相続は原則として法律に基づく割合によって親族に分配されるものです。

しかし、遺言など特殊な事情がある場合には故人の遺志と見なし、これに従って分配されます。但し、この遺書も法律的に認められる手順を踏んで作成されたものでないと故人の遺志が尊重されないほか、親族同士の争いに発展してしまうことも有るのです。その為、相続に関して心配な人は事前に弁護士に相談し法律を理解した上で財産を効果的に、かつ親族間の揉め事が無い様にしておくことが大切です。

Filed under: 士業, 弁護士, 離婚Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website