遺産相続の協議は家族だけで行うことができる

遺産相続の協議は、必ずしも弁護士などの法律に詳しい人を間に置かなくてはいけないわけではありません。家族同士で協議を進めることが出来るのです。しかも、そこで決まった取り決めもきちんとした法的な効果を発揮します。遺産相続が法定割合によってとりあえず決まった後は、本当にその割合で分けて良いのか、これからの相続財産に関する話し合いをきちんと行わなくてはいけません。

この協議のことを遺産分割協議と言います。遺産相続があって相続財産がある程度存在するときには、必ずこの協議を行わなくてはいけません。なぜかと言うと、遺産相続が法的に行われたとしてもその時点で遺産を単独所有するわけではないからなのです。相続権者は、被相続人が亡くなった段階で遺産を相続する権利を得るため権利を行使すれば当然財産を継承する権利を取得することになります。

しかし、権利を主張して相続財産を単独所有するためには遺産分割協議ときちんと家族の同意を得なくてはいけません。遺産分割協議を行うときには、その協議を行った証拠である協議書を公的機関に提出することになります。そして、そこの協議書に対してどのような割合で遺産を分割するかをきちんと記載することによって確かな法的効果を発揮するのです。法定割合というのはあくまでも単独所有の割合であって、協議も何もしなかった場合にはとりあえず家族の共有財産として処理されます。

相続権にも当然時効は存在するため、その時効が消滅する前に必要な話し合いは済ませておく必要があるのです。

Filed under: 士業, 慰謝料, 離婚Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website