遺産相続の分け方について遺言書に遺す人が増えている

最近は、両親が亡くなった後にその子供達で両親の遺産の相続方法について揉めるケースが増えています。それほどたくさんの財産がない場合でも、揉めてしまい最後にはトラブルにまで発展する場合もあります。そして最終的には民事訴訟で争うことになり、判決が出ても兄弟間の確執は決定的となりその後一切連絡を取り合わないというケースもあるのです。そういったことのないように、自分の死後に揉めないように遺産相続の分配方法について遺言書に遺す人が増えています。

きちんと遺言書に遺して自分の意思を明白にすることによって、死後に遺産相続で揉めないようにするのです。しかし遺言書には様々な方式があります。一般的な遺言書の方式としては、自筆証書遺言と公正証書遺言、秘密証書遺言があります。特に良く使われるのが、自筆証書遺言です。

この遺言書の方式の長所は、自分の意思を誰にも見られずに済むことが挙げられます。そのため誰にも知られずに、自分の死後の遺産相続の分け方について遺言書に遺すことができます。しかし書き方を間違えれば、その遺言書に書いた文が全て無効となってしまいます。せっかく遺した遺言書が全て無効になったら、とても残念なことです。

そのためそのような間違いをしない為に、弁護士等に遺言書の書き方について相談する人がたくさんいます。それによって、遺言書が間違って無効になるという事態を防ぐことができます。今後も遺言書を遺す人が増えることが予想されており、そのためそのことに力を入れている弁護士も増えているのです。

Filed under: 士業, 弁護士, 離婚相談Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website