遺産相続で家族がもめる

遺産相続というのは、夫とか父親など、財産を所有する人が亡くなったときに、相続する人に行う手続きを言いますが、財産があるなしにかかわらず、行うことが義務づけられています。財産とは、銀行預金や証券、土地家屋などをいいますが、相続の手続きは簡単ではありません。いろいろと面倒な書類を用意しなくてはならないからです。亡くなった方の戸籍謄本も出生したとか亡くなったときまでのすべてを記載したものとか、法定相続人の戸籍謄本とかどれか1つでもかけたら手続きが進まないために、時間がかかるときがあります。

相続の手続きをする人が、普段から仕事をもっているとか、高齢の妻という場合は、とてもじゃないですが自分たちでできることではないです。また財産をだれのどの程度相続するのかということは、法定相続人が増えると複雑になっていくケースもあります。そんなときは、遺産相続の手続きを弁護士や司法書士にお任せしたほうが、スムーズにいくことが多いです。また遺産相続というと、いままで仲がよかった兄弟でも遺産をめぐって喧嘩になってしまうということも決して珍しくはないです。

人というのはお金で、いかようにもなってしまう生き物ともいえます。ですからこのような醜い争いを避けるためにも弁護士に依頼したほうがいいということになります。弁護士は中立な立場で、解決に力を貸してくれる人だからです。遺産相続で揉めないためにも、生前から遺言状などを用意したほうがいいかもしれません。

Filed under: 士業, 弁護士, 離婚Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website