遺産相続で分からないことは専門家に相談すれば良い

両親が亡くなってある土地をその息子が遺産相続をした場合には、相続登記をする必要があります。この相続登記は、土地を相続した息子が単独で行います。一般的に土地の所有権移転登記は、登記権利者と登記義務者が共同して行います。この場合は、どちらが得をしたかどうかで権利者や義務者が決まるのではなく、土地を売る方を登記義務者とし、土地を買う方を登記権利者として行います。

しかし遺産相続による所有権移転の相続登記の場合には、登記義務者となるべき人がすでに死亡しています。死亡している人が共同して何かをすることは不可能なので、この場合には例外として相続人が単独で行うことを認めているのです。しかしどのように所有権移転の登記をすれば良いのか、素人では分からないのは当然のことです。どのような書類を集めてどこに何を依頼すれば良いのか、分からないことだらけです。

色々と調べて行ったとしても、なにか不備があったら大変なことになります。そのため、このような所有権移転の登記などの登記関係については、司法書士に委任する人が殆どです。司法書士は登記の専門家です。ですから、全てを司法書士に任せてしまえば上手く解決してくれます。

多少費用はかかりますが、自分で行って後になって間違いに気づいて更生の登記をするよりもずっと良いです。その他にも、遺産相続を手に入れることによって様々な問題が生じてきます。もし分からないことがあったら、一人で悩まずに専門家にどんどん相談すれば良いのです。

Filed under: 士業, 広島, 離婚相談Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website