遺産相続は弁護士にまかせたほうがいい

遺産相続といってもピンとこないという人もいるでしょう。親がまだそんな年でもないから、うちにはまだ関係ないと思っている人もいると思いますが、それでも突然、父親が亡くなるというような事態になったときはそれは、他人ごとではなくなります。遺産相続とは、財産を所有する人が亡くなった時に、その財産をひき次ぐときの手続きのことをいいます。遺産相続にはさまざまな書類が必要になってきます。

まずは亡くなった人の戸籍謄本なのですが、出生したときから亡くなるまでが記載された特別な戸籍謄本というのが必要です。さらに財産を引き継ぐ人を法定相続人といいますが、その人たちすべての戸籍謄本が必要です。これは、法定相続人が少なければ大変ではないのですが、故人が何度も結婚をしたとか、不倫をしていて認知している子が別にいて、現在住まいが不明などがあった場合もその人の戸籍謄本が必要なので、どこまでも探していかなくてはならないのです。相続の手続きは、複雑な関係になればなるほど、素人ではとてもできないことになります。

ですから弁護士にお願いしたほうがいいです。とかく財産がある家の場合は、相続をだれにどの程度にしていくのかということで、兄弟が揉めるということがよくあるのです。いままでは表面的にはうまくいっていた人が、険悪になることは決して珍しいケースではないのです。弁護士や司法書士は中立な立場で解決に力を貸してくれる人なので、まかせたほうが安心といえます。

Filed under: 債務整理, 士業, 相談Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website