遺産相続の手続きは素人には難しい

遺産相続というと、資産家や地主にようにお金もちだけが、やるような気がしていますが、実は夫や父親など財産を所有する人がなくなったときは、財産に関係なくやらなくてはならないのです。とうぜん財産はプラスの財産だけでなくマイナスの財産もありますが、その場合は、相続人がマイナスの財産を受け入れないという相続放棄という手続きをとる必要があります。この相続放棄の手続きは、相続開始を知った日から、3ヶ月以内に家庭裁判所に申請しないといけないので注意が必要です。プラスの財産を相続するためには、いろいろな書類が必要になってきます。

まずは亡くなった方の戸籍謄本ですが、その人の出生したときから亡くなるまでの戸籍が記載してあるものが必要です。さらに法定相続人全員の戸籍謄本が必要です。相続する人が少なかったり近くに住んでいる場合は面倒なことはなのですが、家族構成が複雑だったり、遠方に住んでいる、あるいはどこに住んでいるかわからないといった場合でも探さないといけないので、遺産相続に手続きに時間がかかる場合があります。それを素人が一人でやっていくのは到底無理なことです。

ですからその場合は、司法書士や弁護士におまかせしたほうがいいのです。また財産をめぐって兄弟で争うということも財産のある家では珍しくないケースです。ですのでその場合も、遺産相続は中立な立場がとれる弁護士におまかせしたほうが、安心ということになるのです。

Filed under: 債務整理, 士業, 弁護士Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website