遺産相続は手続きが大変です

夫や父親が亡くなった場合、当然ながら遺族は悲しみの中にいますが、お通夜や告別式など慌ただしく行うことも多く、そのときは忙しさもあって、悲しいという気持ちよりも、目の前のセレモニーを無事に終わらせなくてはと気が張っているものですが、少したってくると、失ってしまった人の喪失感にさいなまれるようになります。でも、遺族にとってやらなくてはならないことはいろいろあります。その一つに、遺産相続があります。これは財産を所有していた人がなくなったときに、財産を受け継ぐ人に行う手続きのことをいいます。

遺産相続の手続きでは、まずは故人の戸籍謄本を用意するのですが、故人が生まれてから亡くなるまでの戸籍が記載されているものが必要です。また法定相続人すべての戸籍謄本も必要になってきます。法定相続人が少なかったり、近くに住んでいる場合は、手続きはそんなに複雑にはなりませんが、人数が多かったり関係が複雑だったりしたり、どこに住んでいるかわからないというときには手続きが遅れてしまうことがあります。さらに、財産がプラスの財産ならいいのですが、マイナスの財産のときは財産放棄をしなければなりません。

その場合は財産のことを知った日から3か月以内に家庭裁判所に申請しなくてはならないので、急がないといけないのです。このように残された遺族は、遺産相続などの手続きもあって、いろいろやらなくてはならないことに追われます。そのため個人ではどうしてもできない場合が多いです。その場合は、弁護士や使用処理にお願いするというもの1つの方法です。

広島で債務整理のことならこちら

Filed under: 債務整理, 士業, 広島Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website