交通事故を弁護士に相談する時期と金融的なポイント

交通事故を起こしてしまった際には、損害賠償や過失割合、刑事責任など、多くの点で法律の専門家に相談する事が重要な意味を持ちます。しかし、事故のトラブルをいつ相談すればよいのかは、加害者が戸惑ってしまうポイントです。そのため、交通事故の問題を弁護士に相談する正しい時期を見極める為にも、重要なタイミングを把握しておく事が大事です。最も理想的な相談の時期は、事故直後とされます。

これは警察の実況見聞なども含め、弁護士が事故の状況を正確に見極める事ができるようになるためで、加害者の過失割合も正確に把握できるようになるので、理想的な時期となるのです。時として、事故直後は加害者に有利な情報も得やすくなるため、交通事故の直後に弁護士に相談する事で、加害者として多くのメリットを得ることが出来ます。また、示談交渉中には、損害賠償や慰謝料の金額などを廻り、被害者と金融面の交渉をすることが必要ですが、示談の時期も法的なアドバイスを参考にしながら交渉を進めることで、より良い条件で和解まで漕ぎ着けることができます。示談交渉においての弁護士の協力は、より良い和解案を考案する事が出来るようにもなるため、金融的にも加害者の負担を軽減出来る可能性が高まり、金融的なメリットが得られやすくなるという特徴があるのです。

また、示談が上手く進まないケースでも、弁護士からの助言が必要で、交通事故の問題が民事裁判まで発展した場合には、法的な面からのサポートが不可欠になります。

Filed under: 士業, 慰謝料, 離婚Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website