交通事故の症状固定の金融面で重要になる弁護士の助け

交通事故で身体的にダメージを負った場合には、外傷への治療が終了しても痛みが残る事が頻繁にあります。しかし、保険会社の見解では、症状が安定した段階であると判断され、それ以上の金融的な支払いは行われなくなるのです。しかし、被害者には保険会社に金融的な補償を請求出来る方法が残されています。これが後遺症を認定してもらう事で、医師や弁護士からの協力を得て、症状固定という治療が終了した状態でも、身体的な負担を取り除く為、損害賠償を請求することができるのです。

弁護士からの協力を仰ぎ、後遺障害の認定を受ける事には、幾つかの利点が見られます。これは事故に遭わなかった場合には得られたはずの収入が、交通事故が原因により得られなくなってしまうことの補償です。被害者の後遺症が認定されれば、その等級に応じた損害賠償が請求出来るようになります。そのため、後遺症が認められることで、収入に応じた金額が請求出来るようになり、この点が後遺障害が認められる事による大きな利点とされます。

また、後遺症があることが明らかな場合は、事前に保険会社から後遺症認定の打診があります。しかし、この等級認定は、個々の被害者が想定しているよりも低くなるケースがあり、被害者自身で後遺症の申請を行う事で、金融的により有利な条件を引き出すことが出来るようになるケースもあるのです。そのため、交通事故で後遺症認定が必要な場合には、弁護士からの助けが大変重要な役割を担うものとされます。

Filed under: 士業, 広島, 離婚相談Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website