交通事故処理のように金融以外でも弁護士は動く

弁護士というと金融金融に関する知識を持っている人は割と多く、当然その分金融のトラブルがあり弁護士の活躍する場となっています。金融に関して強い弁護士も金融とはそれほどつながりがない交通事故処理の場合でも活躍するのです。弁護士が活躍する場面は、交通事故によって発生した慰謝料請求についてです。慰謝料請求は当事者だけではなかなか分かりにくいことが多く、法律家を介入したほうがより穏便に解決をすることが可能になるわけです。

慰謝料請求には大きく分けて2つの場面があります。1つは交通事故によって怪我をした場合の入院費用です。またそれに伴う交通費、例えば病院に行くまでのタクシー代なども請求することができます。もう一つは後遺障害が起きた場合の慰謝料請求です。

後遺障害は14等級まであり、それに該当するかは保険会社によって決められます。弁護士に交通事故の慰謝料について相談する場合には、どのくらいのお金を取られるかということが心配な人も多いはずです。基本的には、最初に相談をするときの相談料が30分で5,000円ほどです。その後に慰謝料請求についての着手金と、慰謝料請求が成功した時の成功報酬が世します。

着手金や成功報酬についてはどのくらいの額になるかは明確に定められているわけではありませんが、おおよそどの法律事務所でも慰謝料の8%から20%位の報酬であると考えておけば違いありません。結果的には法律家を利用したほうがお得になります。

Filed under: 士業, 弁護士, 過払い金Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website