情報を集めて本当に交通事故弁護士かどうか調査

交通事故のトラブルならば弁護士を活用するの良いでしょう。保険会社の交渉人に不利な条件を飲まされないようにしなければなりません。そのためには弁護士を利用して初めて対等に交渉をする事が出来るのです。ただし様々な弁護士が交通事故専門という看板を掲げていますが、それでも選び方を失敗すれば手に入る筈の賠償金よりも少ない金額で示談が成立しますので注意が必要です。

そもそも交通事故専門と言いますが、それはあくまで自称という事は忘れてはなりません。どのような事が得意なのか専門的な知識を持っているのか、第三者に認定されている訳では無いのです。つまり自己申告制によって専門性があるとなっているだけなのです。つまり一夜漬けで交通事故の法律や保険関係の勉強をしても専門家と言えるので注意しなければなりません。

では、どのような弁護士に注意をしなければならないのでしょうか。例えば保険会社の言いなりになってしまい、提示された金額で示談をするように勧めて来るような所もあります。提案をしたとしても無理とか駄目だと言われて、全く味方になってくれないような所もあるのです。理由を求めても全く説明しないような弁護士も存在しています。

さらに勝手に自分で話を進めるような人も辞めた方が良いでしょう。このような点は実際に利用しなければ分からないかもしれません。ただインターネットには口コミ情報も沢山掲載されています。本当に信じられるのかどうかは情報を沢山集めて判断をしましょう。

Filed under: 交通事故, 士業, 示談Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website