債務整理を利用するメリットは大きいのか

債務整理にはデメリットもありますが、メリットも大きいので、債務の返済が困難になった時には無理に返済を続けずに利用を検討した方が良いです。債務整理を行うと取立てが禁止されるため、精神的に楽になります。減額される債務の金額については、どの方法を選んだかによって異なります。デメリットにも違いがあるため、債務の状況によってどれが適しているか検討します。

判断が難しい場合は弁護士などに相談します。弁護士を利用するだけのお金を用意するのが難しい時でも、法テラスを利用すれば同じ案件に対して3回までは無料で相談できます。その後、債務整理のために弁護士を利用する時でも法テラスでお金を立て替えてもらい、後で返済する事ができます。この場合、法テラスの基準で報酬が決められているため、個人で弁護士を探して依頼するよりも安くなります。

債務整理のデメリットとして、個人信用情報機関に記録が残り、クレジットカードやキャッシング、ローンの利用が難しくなる事が挙げられますが、これは5年から10年間で記録が消えます。期間としては短いとは言えませんが、影響を受けるのは本人だけであり、家族には影響しません。クレジットカードはある程度はデビットカードでも代用できます。記録されている期間でもキャッシングやローンについては中堅の消費者金融であれば利用できる事もあります。

銀行や大手の消費者金融と比べると利用できるところが限られるので不便になりますが、全く利用できないわけではありません。広島で遺産の相続のことならこちら

Filed under: 士業, 相続, 遺産Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website