法律事務所で相談する内容とそうではないもの

法律事務所に実際に行って相談をするないように関しては、複雑な法律的な問題や事務手続きが絡んでいる問題に限定するべきだと言えます。何故かというと、日常生活にありふれた民間トラブルに関しては法律事務所に行かなくても問題を容易に解決することが可能だからです。一般的に、法律事務所の相談料金は30分の時間給で区別されており30分が過ぎると加算されていきます。30分5000円という料金が相場なので、簡単な法律問題でわざわざ相談に行くと無駄な費用を支出してしまうことに繋がるのです。

反対に、複雑な法律問題を相談する時には内容をまとめて簡潔に伝えることによって、格安で相談に乗ってくれるメリットもあります。では、簡易的な法律問題に関しては法律事務所以外のどこで相談すれば良いのでしょうか。このような場合は、インターネットを使うことが大切です。インターネットに存在する弁護士専用のサイトでは、民間トラブルに関する簡単な相談を無料で受け付けています。

弁護士専用のサイトには法律事務所を構えて経営をしている人もいるので、仮にその民間トラブルが法廷で争うような案件だと判断されたのならば、そのインターネットの相談からそのまま料金を支払って本格的な相談をすることも可能なのです。インターネット上の軽犯罪はごく日常的に溢れているので、このような問題の解決は同じインターネットの弁護士専用の掲示板で解決できることを知っておきましょう。

Filed under: 士業, 弁護士, 相続Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website